2005年に当時の全日本野球会議普及振興委員会の協力を得て、『第1回全日本女子硬式野球選手権大会』を、同協会が主催する「2005ベースボールフェスティバル in 静岡」に於いて開催されました。

2006年の第2回大会より「2006ベースボールフェスティバル in 松山」の一環として、『伊予銀行杯第2回全日本女子硬式野球選手権大会』を開催致しました。


第1回大会には、高校5校に一般クラブ11チームの計16チームが出場。
3日間の熱戦を経まして神村学園(高等部)が初代女王の座を獲得しましたが、その連日に及ぶ熱戦とレベルの高い攻防は、地元観客の皆様をはじめ、多くの野球関係者にも強い感動とインパクトを与えてくれました。


そして2006年は、前述の「ベースボールフェスティバル」が愛媛県松山市で開催されることに伴い、同市の協力も得まして、2002年にはプロ野球オールスターゲームも開催されました松山中央公園「坊ちゃんスタジアム」のサブ球場「マドンナスタジアム」で開催されました。
これをきっかけに、女子硬式野球最大のイベントであります、全日本女子硬式野球選手権大会は、これまでずっと愛媛県および松山市のご協力のもと、坊っちゃんスタジアム、およびマドンナスタジアムで開催されています。

スポンサー

株式会社伊予銀行様
日本スポーツ振興センター様