女子野球タウン認定事業 第4号認定のお知らせ

一般社団法人全日本女子野球連盟は、女子野球をシティプロモーションとして活用し、地域活性化をめざす自治体を「女子野球タウン」として認定し、連盟と共に女子野球を通じてその自治体を盛り上げる「女子野球タウン認定事業」の公募を2020年9月よりスタートしました。 現在、8自治体がタウン認定をされており、全日本女子野球連盟と情報交換や交流を行い、女子野球教室や大会開催、女子野球を通じて女性が輝く町づくりといった様々な活動を行っております。


公募開始から、多くの自治体より問い合わせをいただいていますが、申請いただいた自治体と意見交換などの場を設け、本日第4号認定として下記2自治体を「女子野球タウン」認定いたします。


淡路市(兵庫県)  田辺市(和歌山県)        ※五十音順


⚾淡路市は、地元女子野球クラブチーム”淡路ブレイブオーシャンズ“との連携により市内スポーツ施設を活用した練習環境の確保と選手の移住・定住及び就業支援を実施し、地域活性化及び女子野球の普及活動を積極的に進めていきます。

また、地域の特産品とのコラボレーションやふるさと納税クラウドファンディング制度の活用により、女子野球発展と地域振興につながる新たな取組みを行います。


⚾田辺市では、田辺スポーツパークを拠点として女子野球の合宿や大会の積極的な誘致を行うとともに、田辺市の様々な地域資源と女子野球を融合させ、新たな価値を作り出すことで女子野球の魅力向上と地域活性化に取り組み、未来へとつながる 持続可能なまちづくりを進めていきます。


自治体と連盟が今後タッグを組み、女子野球の「輪」を日本中に広げていきます。

更にはタウン同士の交流などもはかっていきたいと思っております。


最新記事
​カテゴリー
アーカイブ