女子野球好きじゃけん 広島県誕生!


当連盟は、女子野球をシティプロモーションとして活用し、地域活性化をめざす自治体を「女子野球タウン」として認定する、「女子野球タウン認定事業」の公募を9月より行っており、 11月に第1号として、嬉野市(佐賀県)、加須市(埼玉県)、松山市(愛媛県)の3都市を認定いたしました。


この度、広島県から下記2都市が認定の運びとなりました。  同一県から2都市の同時認定は全国初となり、広島県と連携し、県レベルで

 「好きじゃけん 女子野球 広島県!」を掲げ女子野球を盛り上げていただくこととなりました!!

都道府県と自治体とのコラボレーションも全国初となります。


認定タウン

廿日市(はつかいち)市、 三次(みよし)市 共に広島県  (五十音順)


■廿日市市は、県内で初めて創部された県立佐伯高等学校女子野球部のさらなる魅力向上や地域活性化の取り組みを、三次市とも連携し、地域と一体となって進めていきます。 ■三次市は、所有する球場や付帯施設を最大限生かし、女子野球の大会や合宿の誘致を積極的に行い、廿日市市と連携をはかり、共に女子野球文化を築いていきます。 ■広島県は、広島版スポーツコミッション「スポーツアクティベーションひろしま」において,このたび女子野球タウンとして認定を受けた両市の連携をはじめ,女子野球を活用した地域活性化を支援していきます。


調印式は1月中旬を予定しております! これからも女子野球の輪を全国に広げていきたいと思います。

最新記事
​カテゴリー
アーカイブ